二級建築士試験独学カリキュラム>4月


2月 3月 4月 5月 6・7月
<< 3月カリキュラム 独学カリキュラムTOPへ 5月カリキュラム >>

二級建築士「学科の試験」独学カリキュラム2017

4月:参考書を終え問題集一回目
引き続きポイント参考書 WEB問題集
4/1 施工14建具・ガラス工事
2
3 施工15内装・断熱・ユニット工事
4 計画16地域計画・各論融合
5 計画17建築史
6 施工16設備工事
7 施工17用語・機械   
8 施工18積算
9
分野別問題集 1回目開始(8週間) WEB問題集 WEB問題集
10 計画1建築史 計画2気象・室内環境
11 計画3換気・通風 計画4伝熱・結露
12 計画5日照・日射・採光 計画6音響
13 法規1用語の定義 法規2面積、高さ等の算定
14 法規3手続き(確認済証の交付等) 法規4手続き(融合・その他)
15 法規5採光・換気 法規6天井高、階段の寸法
16
17 構造1構造物と力 構造2静定構造物の応力
18 構造3静定トラスの応力 構造4断面の性質
19 構造5応力度と許容応力度 構造6座屈
20 施工1工事監理・施工業務 施工2安全衛生管理
21 施工3現場管理 施工4仮設工事
22 施工5地盤調査・土工事・基礎地業工事 施工6鉄筋工事(鉄筋の加工・組立て)
23
24 計画7色彩 計画8用語・単位、環境工学融合
25 計画9独立住宅 計画10集合住宅
26 計画11商業建築(事務所・店舗) 計画12商業建築(商業建築融合)
27 法規7建築設備・一般構造等融合 法規8構造強度
28 法規9構造計算 法規10法22条区域内、耐火・準耐火建築物とする特殊建築物
29 法規11防火地域・準防火地域 法規12防火区画等
30



建築士.comが運営する「二級建築士WEB問題集」に連動してリンクしています。1月から3月にかけ随時公開して行く予定です

4月中旬からは実践的な問題集を中心に学習していきます。選択肢一つ一つを吟味し、誤っている記述は、どう表現を変えれば適当な表現になるのか考え、正しい記述はそのまま暗記します。

カリキュラムの問題集は、下記の書籍を参考にしています。全問題を傾向別に完全配列してあり、系統的な学習ができます。同じ趣旨の選択肢であっても、言い回し等の違いによる正誤も注意深く確認してください。

2級建築士 分野別厳選問題500+100 平成29年度版
発行年月:2016年12月 著者:日建学院教材研究会 出版社:建築資料研究社

厳選過去問題500問と平成28年試験問題100問を、分野別に整理し、問題と解説を見開き内に配置した問題解説集。 解説は日建学院による試験傾向を分析したオリジナル。

2級建築士試験学科厳選問題集500+100〈平成29年度版〉
発行年月:2016年11月 著作:総合資格学院 出版社:総合資格

重要ポイント編で要点学習、確認問題で理解度チェック!過去問から合格に必要な問題を厳選して分野別に収録!オリジナル解説を付けた過去問7年分の問題集!

問題集には書き込まない。合計2回取り組みますので次回見たとき、回答にチェックがあったのでは、その選択肢だけが印象に残ることになります。一つ一つの選択肢が適当か不適当かを判断することが大切です。書いて覚える為にノートを準備してください。

建築基準法令集
法令集は新しい物を準備してください。試験に適用される法令は、その年の1月1日に施行されているものと、例年3月頃、試験日程とともに建築技術教育普及センターから発表されています。


基本建築基準法関係法令集 2017年版[平成29年版] (オレンジ本)
発行年月:2016年11月
著者:国土交通省住宅局 / 建築技術研究会 出版社:建築資料研究社
建築士試験受験者・建築実務者向けに編纂された「オレンジ本(縦書き)」の最新版です。

建築関係法令集 法令編〈平成29年版〉
発行年月:2016年11月
著者:建築法規編集会議 出版社:総合資格

【特徴】 ワイドサイズB5判 試験会場へ持ち込み可!「建築基準法」「関係法令」「関係告示」を多数収録。掲載条文が豊富で、表関係も見開きで掲載され見やすい。

カリキュラムの参考書は、下記の書籍を参考にしています。

2級建築士要点整理と項目別ポイント問題〈平成29年度版〉
発行年月:2016年12月
著者:日建学院教材研究会 出版社:建築資料研究社

重要項目のチェックポイントと、頻出設問枝・計算問題を厳選して収録。平成28年本試験問題・解答付。

2級建築士試験学科ポイント整理と確認問題〈平成29年度版〉
発行年月:2016年11月 著作:総合資格学院 出版社:総合資格

確認問題の流れで理解度チェック  初学者も多い2級建築士の学科試験においては、必要な知識を体系的に理解しておぼえていくための効率的な学習を行うことが必須になります。

建築士BOOKSでは、この他の二級建築士受験関連書籍も紹介しています。それぞれの項目の詳細を深く学習するには、他の専門書も必要になります。

2月 3月 4月 5月 6・7月


Copyright(c) kentikusi.com All rights reserved.

sub contents