1級建築士WEB製図講座


構造部材の断面寸法 耐力壁について

構造計画 1級建築士WEB製図講座

耐力壁として構造計算を行う場合の条件



柱の中心間距離 7.0m
梁の中心間距離 4.0m の場合
開口部が2.0m×2.0m とすると
ro=≒0.377≦0.4 OK 耐力壁として採用できる。

耐力壁の平面バランス
建築物全体のバランスをとり、できるだけ対象性を確保してバランス良く配置するのだが、下図のように X方向やY 方向のみの配置であっても、平面上対称に配置しておけば良いです。


耐力壁の立面バランス
耐力壁の立面バランスは、各階の上下同じ位置であることが大切です。左側の図は、連層耐力壁の下に配置されなくても良いケースです。その他、建築物の一部が平屋などの場合は、平屋部分に耐力壁を配置しても効果はありません。
※このページの文章、図表等をそのままコピーしてインターネット、印刷物等で公開したり利用することは禁じます。
<<BACK TOP>> 



平行定規の価格を比較してみよう!

マグネット式の平行定規A2

建築士.comオリジナル製図エスキース用紙

設計製図の試験・実務設計のエスキースや打合せ



建築士SHOP 製図用具
建築士BOOKS 書籍・雑誌
建築士SCHOOL 大学・専門学校
建築士CAREER 転職・就職
建築旅GOODS 世界遺産の旅




Copyright(c) kentikusi.com All rights reserved.