二級建築士試験必勝合格2級建築士
二級建築士試験
試験スケジュール 二級受験資格 独学カリキュラム 参考書・問題集
ニ級WEB問題集 メルマガ登録 バックナンバー 2級製図対策室
必勝合格2級建築士2018 バックナンバー



■□■ 必勝合格2級建築士 NO.18-111 ━━━━ 発行:2880部 ■□■

◇必勝合格2級建築士 No.18-111 6月7日号をお届けいたします。
◇ご購読ありがとうございます。購読のお申し込みに従いまして貴方のメール
 ボックスにお届け致します。購読は無料です。
◇このメールマガジンを転載して公開することは禁じます。
◇発行:建築士.com  http://www.kentikusi.com/

■□■ 目次     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

1.設計製図の試験
2.建築士ブックス
3.二級建築士学科例題 構造28 木構造(接合部)
4.製図用テンプレート
5.建築遺産ギャラリー
6.購読中止について

■□■ 設計製図の試験 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

☆二級建築士「設計製図の試験」の課題が発表されました。
 http://www.kentikusi.com/2k/index.html

 課題:地域住民が交流できるカフェを併設する二世帯住宅
       〔鉄筋コンクリート造(ラーメン構造)3階建て〕

 要求図書については、1階平面図兼配置図、2階平面図、3階平面図、
 立面図、断面図、部分詳細図(断面)、面積表、構造部材表、計画の要点等と
 する。

(注)答案用紙には、1目盛が5ミリメートル(部分詳細図(断面)については
   10ミリメートル)の方眼が与えられている。

■□■ 建築士ブックス ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

〇2級建築士試験 学科 過去問スーパー7〈平成30年度版〉
 発行年月:2017年12月 著作:総合資格学院 出版社:総合資格
 http://www.kenchiku-web.net/book/2k.htm#sogo

 オリジナル解説を付けた過去問問題集! 7年分(平成23年度〜平成29年度)
 700問収録。

■□■ 今日の例題「構造」木構造(接合部) ━━━━━━━━━━■□■

◇構造28例題◇

木質構造の釘接合部及びボルト接合部に関する次の記述のうち、最も不適当な
ものはどれか。

1.ボルト接合部においては、ボルト孔の径をボルトの径より大きくすると、
  初期すべりを生じる。

2.釘接合部のせん断耐力は、一般に、側材として木材を用いる場合より、鋼
  鈑を用いる場合のほうが大きい。

3.ボルト接合部においては、木材に割れの生じないように、端あき及び縁あ
  きを適切にとる。

4.1か所の接合部にボルトと釘を併用する場合、一般に、ボルトの許容耐力
  と釘の許容耐力との和を接合部の許容耐力とすることができる。

5.引張材の端部接合部において、釘を力の加わる方向に1列に10本並べて
  打つ場合、接合部の釘1本当たりの許容せん断耐力を低減する。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
               ■回答は?■
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
                 ↓
                 ↓
                 ↓
                 ↓
                 ↓
                 ↓
                 ↓
                 ↓
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
             ■回答 4 です■
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◇構造28解説◇

一般に、接合部にボルトと釘を併用する場合、両者の耐力の和を接合部の耐力
とすることはできない。

1.設問のとおり、ボルト接合部においては、ボルト孔の径をボルトの径より
  大きくすると、初期すべりを生じる。

2.設問のとおり、釘接合部のせん断耐力は、一般に、側材として木材を用い
  る場合より、鋼鈑を用いる場合のほうが大きい。

3.釘接合部及びボルト接合部においては、割れの生じないように、端あき及
  び縁あきを適切にとる。

5.引張材の端部接合部において、釘を力の加わる方向に1列に10本以上並
  べて打つ場合は10%の低減、20本以上では20%の釘1本当たりの許容せん
  断耐力を低減する。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
☆二級建築士WEB問題集 構造11木構造(接合部)
 http://www.kentikusi.com/cgi-bin/2kweb18/2web_kou11/tqindex.cgi

 釘接合、ボルト接合、接合金物など木造軸組みの接合部に関する問題が中心
 です。接合金物の名称や使用箇所、釘接合やボルト接合の留意点を学んでく
 ださい。また、学科2法規や学科4施工の木工事とも関連させ効率よく学習し
 てください。

★上記ページのGoogleカスタム検索で”木造軸組み”を検索しよう。

■□■ 製図用テンプレート ━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

★建築士.comオリジナル製図用テンプレート
 http://www.kenchiku-web.net/shop/template.html

 一級・二級建築士設計製図の試験は、円、だ円、正三角形、正方形及び
 文字を描くためのテンプレート(型板)の使用が認められています。
 試験では制限時間内に製図を完成させなければなりませんが、テンプレート
 の活用しだいで作図時間を大きく短縮することができます。

■□■ 建築遺産ギャラリー ━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

☆日本建築史
 法隆寺五重塔は、木造塔として日本最古のものです。
 http://www.kenchiku-gallery.com/nihon/n002.htm

「建築遺産ギャラリー」は建築史の学習に最適です。

■□■ 購読中止について ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

◇『まぐまぐ』アドレスを記入し解除ボタンをクリックすると解除されます。
  http://www.kentikusi.com/2k/2malmaga.htm 

■□■ 配信     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

◇メールマガジン『必勝合格2級建築士』 since 1.10.1999 
◇発行:建築士.com  HP-URL: http://www.kentikusi.com/ 
◇Copyright(C)1999-2018 建築士.com All rights reserved.

■□■ 次回配信は6/8 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■







Copyright(c) kentikusi.com All rights reserved.


sub contents