二級建築士試験必勝合格2級建築士
二級建築士試験
試験スケジュール 二級受験資格 独学カリキュラム 参考書・問題集
ニ級WEB問題集 メルマガ登録 バックナンバー 2級製図対策室
必勝合格2級建築士2018 バックナンバー



■□■ 必勝合格2級建築士 NO.18-094 ━━━━ 発行:2890部 ■□■

◇必勝合格2級建築士 No.18-094 5月9日号をお届けいたします。
◇ご購読ありがとうございます。購読のお申し込みに従いまして貴方のメール
 ボックスにお届け致します。購読は無料です。
◇このメールマガジンを転載して公開することは禁じます。
◇発行:建築士.com  http://www.kentikusi.com/

■□■ 目次     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

1.TOP PAGE ○×問題
2.建築士ブックス
3.二級建築士学科例題 法規24 建ぺい率
4.オリジナル製図用テンプレート
5.建築遺産ギャラリー
6.購読中止について

■□■ TOP PAGE ○×問題 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

☆トップページに学科試験の基本的な○×問題を掲載しています。○×のどち
 らかをクリックすると答えと解説が表示されます。正答率も同時に表示され
 ますので難易度の目安にしてください。
 建築士.com TOP PAGE ⇒ http://www.kentikusi.com/

■□■ 建築士ブックス ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

○井上建築関係法令集 平成30年度版 出版社:井上書院
 http://www.kenchiku-web.net/book/index.html

 受験から実務まで対応できる、最新法令・告示を一冊に収録。建築基準法・
 同施行令等、最新改正法規を収録。主要告示138本。関連する施行令・規則、
 告示の見出し、番号、参照ページを細かく付記。

■□■ 今日の例題「法規」建ぺい率 ━━━━━━━━━━━━━━■□■

◇法規24例題◇

建ぺい率(建築面積の敷地面積に対する割合)に関する次の記述のうち、建築
基準法上、正しいものはどれか、ただし、角地の指定はないものとする。

1.準工業地域内の準耐火建築物の建ぺい率の限度は、7/10である。

2.共同住宅の共用の廊下又は階段の用に供する部分は建築面積には算入しない。

3.用途地域の指定のない都市計画区域内の建築物は、建ぺい率の制限を受け
  ない。

4.近隣商業地域内の建ぺい率の限度が8/10とされている地域内で、かつ、防
  火地域内の耐火建築物は、建ぺい率の制限を受けない。

5.敷地に接する道路の幅員によって、建築物の建ぺい率の制限が異なる。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
                             ■回答は?■
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
                 ↓
                 ↓
                 ↓
                 ↓
                 ↓
                 ↓
                 ↓
                 ↓
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
              ■回答 4 です■
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◇法規24解説◇

近隣商業地域内の建ぺい率の限度が8/10とされている地域内で、かつ、防火地
域内の耐火建築物は、建ぺい率の制限を受けない。法第53条第5項第一号

1.準工業地域内の準耐火建築物の建ぺい率の限度は、5/10、6/10又は8/10の
  うち当該地域に関する都市計画において定められたものである。
  法第53条第1項第二号

2.容積率については、共同住宅の共用の廊下等を床面積に算入しない規定が
  ありますが、建ぺい率についてはこのような規定はありません。

3.法第53条第1項第六号により、用途地域の指定のない都市計画区域内の
  建築物も建ぺい率の制限を受けます。

5.敷地に接する道路の幅員によって、建築物の建ぺい率の制限が異なるとい
  う規定はありません。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
★二級建築士WEB問題集 法規18建ぺい率
 http://www.kentikusi.com/cgi-bin/2kweb18/2web_hou18/tqindex.cgi

 図に示された敷地に建築できる建築面積の最高限度を求める問題が、毎年の
 ように出題されています。建築面積の最高限度を求める際には、特に以下の
 二点に注意してください。
 ●用途地域が2以上にわたる場合は加重平均による。法第53条第2項
 ●法第42条第2項に接道する場合、道路中心線から2m後退した線を敷地
  境界線とみなす。
 また、防火地域内の耐火建築物の緩和規定も重要です。法第53条第3項、5項

★上記ページのGoogleカスタム検索で”建ぺい率”を検索。

■□■ オリジナル製図用テンプレート ━━━━━━━━━━━━━■□■

★建築士.comオリジナル製図用テンプレート
 http://www.kenchiku-web.net/shop/template.html

 建築士設計製図の試験は、円、だ円、正三角形、正方形及び文字を描くため
 のテンプレート(型板)の使用が認められています。試験では制限時間内に製
 図を完成させなければなりませんが、テンプレートの活用しだいで作図時間
 を大きく短縮することができます。

■□■ 建築遺産ギャラリー ━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

☆近代建築史
 ウィリッツ邸は、アメリカの代表的建築家フランク・ロイド・ライトの
 設計です。 http://www.kenchiku-gallery.com/kindai/011.htm

「建築遺産ギャラリー」は建築史の学習に最適です。

■□■ 購読中止について ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

◇『まぐまぐ』アドレスを記入し解除ボタンをクリックすると解除されます。
  http://www.kentikusi.com/2k/2malmaga.htm 

■□■ 配信     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

◇メールマガジン『必勝合格2級建築士』 since 1.10.1999 
◇発行:建築士.com  HP-URL: http://www.kentikusi.com/ 
◇Copyright(C)1999-2018 建築士.com All rights reserved.

■□■ 次回配信は5/10 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■







Copyright(c) kentikusi.com All rights reserved.


sub contents