二級建築士試験必勝合格2級建築士
二級建築士試験
試験スケジュール 二級受験資格 独学カリキュラム 参考書・問題集
ニ級WEB問題集 メルマガ登録 バックナンバー 2級製図対策室
必勝合格2級建築士2018 バックナンバー



■□■ 必勝合格2級建築士 NO.18-091 ━━━━ 発行:2897部 ■□■

◇必勝合格2級建築士 No.18-091 4月26日号をお届けいたします。
◇ご購読ありがとうございます。購読のお申し込みに従いまして貴方のメール
 ボックスにお届け致します。購読は無料です。
◇このメールマガジンを転載して公開することは禁じます。
◇発行:建築士.com  http://www.kentikusi.com/

■□■ 目次     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

1.メルマガ『建築遺産ギャラリー』
2.建築士ブックス
3.二級建築士学科例題 構造23 木構造(用語・構造設計)
4.試験用平行定規
5.建築遺産ギャラリー
6.購読中止について

■□■ メルマガ『建築遺産ギャラリー』━━━━━━━━━━━━━■□■

☆メールマガジン『建築遺産ギャラリー』を発行しています。
 コンセプト”歴史的な建築物を学習してみよう!”

 建築デザインの範囲はとても幅が広く、日頃から興味をもって接することが
 大切です。メールマガジン『建築遺産ギャラリー』は、近代建築、日本建築、
 西洋建築、東洋建築の建築物を週1回ずつ紹介していきます。
 二級建築士「学科の試験」建築史の学習にも最適です。
 登録はこちらです→ http://www.kenchiku-gallery.com/

■□■ 建築士ブックス ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

○増補第四版〈二級建築士受験〉5日でわかる構造力学
 出版社:学芸出版社(京都)
 http://www.kenchiku-web.net/book/2k.htm#kou01

 二級25問中7問が出題される構造力学分野を5章9単元でまとめた対策本。

■□■ 今日の例題「構造」木構造(用語・構造設計) ━━━━━━━■□■

◇構造23例題◇

木造建築物に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.広小舞とは、たる木の先端に取り付けられ、たる木の振れ止めや、他の裏
  板の納まりをよくすることを目的とする。

2.胴縁とは、天井材の板張りの取付け下地として設ける部材である。

3.はりの端部は、抜け落ちないように羽子板ボルトなどで緊結する。

4.建築物の幅が高さに比べて狭い場合、特に隅柱と土台を十分に緊結する。

5.木造建築物の用語として、散りじゃくりと真壁は関係がある。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
               ■回答は?■
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
                 ↓
                 ↓
                 ↓
                 ↓
                 ↓
                 ↓
                 ↓
                 ↓
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
             ■回答 2 です■
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◇構造23解説◇

胴縁は、壁面材を取付けるために柱や間柱間に差し渡す水平材である。

1.広小舞は垂木の先端に取り付けられ、垂木の振れ止めや、他の裏板の納ま
  りをよくする。

3.はりは、ほぞ等の継手により接合するので外力が加わると抜け落ちる場合
  があるため、羽子板ボルトなどで緊結する。(令第47条)

4.木造建築物の幅が高さに比べて狭い場合、引抜力が生じることがあり、隅
  柱と土台を十分に緊結する。

5.散りじゃくりとは、柱と壁に隙間を生じさせないよう、柱面に切り込んだ
  凹んだ溝である。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
☆二級建築士WEB問題集 構造11木造(接合部)
 http://www.kentikusi.com/cgi-bin/2kweb18/2web_kou11/tqindex.cgi

 釘接合、ボルト接合、接合金物など木造軸組みの接合部に関する問題が中心
 です。接合金物の名称や使用箇所、釘接合やボルト接合の留意点を学んでく
 ださい。また、学科2法規や学科4施工の木工事とも関連させ効率よく学習し
 てください。

★上記ページのGoogleカスタム検索で”釘接合”を検索してみましょう。

■□■ 試験用平行定規 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

 現在、もっとも多く使用されているのは、マグネット式の平行定規です。
 新しく揃えられる場合は、試験場持込可のものを選んでください。
 A2版用のものまで持込ができます。
 http://www.kenchiku-web.net/shop/heikou.html

 マックス A2平行定規 MP-400FL2・ステッドラーマルスライナー平行定規

■□■ 建築遺産ギャラリー ━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

☆日本建築史
 二条城は、京都市中京区二条城町にある江戸時代の城です。
 http://www.kenchiku-gallery.com/nihon/n030.htm

「建築遺産ギャラリー」は建築史の学習に最適です。

■□■ 購読中止について ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

◇『まぐまぐ』アドレスを記入し解除ボタンをクリックすると解除されます。
  http://www.kentikusi.com/2k/2malmaga.htm 

■□■ 配信     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

◇メールマガジン『必勝合格2級建築士』 since 1.10.1999 
◇発行:建築士.com  HP-URL: http://www.kentikusi.com/ 
◇Copyright(C)1999-2018 建築士.com All rights reserved.

■□■ 次回配信は4/27 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■







Copyright(c) kentikusi.com All rights reserved.


sub contents