二級建築士試験必勝合格2級建築士
二級建築士試験
試験スケジュール 二級受験資格 独学カリキュラム 参考書・問題集
ニ級WEB問題集 メルマガ登録 バックナンバー 2級製図対策室
必勝合格2級建築士2018 バックナンバー



■□■ 必勝合格2級建築士 NO.18-071 ━━━━ 発行:2922部 ■□■

◇必勝合格2級建築士 No.18-071 3月22日号をお届けいたします。
◇ご購読ありがとうございます。購読のお申し込みに従いまして貴方のメール
 ボックスにお届け致します。購読は無料です。
◇このメールマガジンを転載して公開することは禁じます。
◇発行:建築士.com  http://www.kentikusi.com/

■□■ 目次     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

1.御朱印集め|神社めぐり
2.建築士ブックス
3.二級建築士学科例題 構造18 木構造(耐力壁)
4.三角定規
5.建築遺産ギャラリー
6.購読中止について

■□■ 御朱印集め|神社めぐり ━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

☆「御朱印集め|神社めぐり」のブログを作成いたしました。
 http://gosyuinatume.blogspot.jp/

 神社めぐりの楽しみ方の一つに、御朱印集めがあります。御朱印集めは、
 神社と仏閣(お寺)でも頂くことができます。

「御朱印集め|神社めぐり」では、神社に参拝し御朱印を拝受したことを
 掲載しています。Googleマップのルートを検索して公共の電車・バスを利用
 して神社に行ってます。

■□■ 建築士ブックス ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

○増補第四版〈二級建築士受験〉5日でわかる構造力学
 出版社:学芸出版社(京都) http://amzn.to/2fO5rBO

 二級25問中7問が出題される構造力学分野を5章9単元でまとめた対策本。

■□■ 今日の例題「構造」木構造(耐力壁) ━━━━━━━━━━━■□■

◇構造18例題◇

木質構造の耐力壁に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.木材の筋かい(断面3cm×9cm)を入れた軸組の倍率は、土塗壁を設
  けた軸組の倍率に比べて大きい。

2.地震力に対して必要な単位床面積当たりの耐力壁の有効長さは、一般に、
  屋根葺材に重いものを用いる場合に比べて、軽いものを用いる場合の方が
  長くなる。

3.同じ構面内の筋かいは、異なる方向の水平力に対し、抵抗できるように筋
  かいの傾きの方向を考慮して配置する。

4.構造用合板による真壁造の面材耐力壁の倍率は、貫タイプに比べて、受材
  タイプのほうが大きくなる。

5.面材耐力壁には、その材料に応じて釘打ちの方法と倍率が定められている。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
               ■回答は?■
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
                 ↓
                 ↓
                 ↓
                 ↓
                 ↓
                 ↓
                 ↓
                 ↓
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
             ■回答 2 です■
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◇構造18解説◇

地震力に対して必要な単位面積当たりの耐力壁の有効長さは、屋根葺き材の種
類によって異なり、重い屋根材ほど耐力壁は長くなる。

1.筋かい(3cm×9cm)をいれた軸組の倍率は1.5、土塗壁を設けた場合の軸
  組の倍率は0.5である。

3.設問の通り、同じ構面内の筋かいは、異なる方向の水平力に対し、抵抗で
  きるように筋かいの傾きの方向を考慮して釣合い良く配置する。

4.構造用合板による真壁造の面材耐力壁の倍率は、貫タイプに比べて、受材
  タイプのほうが大きくなる。昭和56年1100号第1第3号・第4号

5.ボード類を釘で打ち付けた大壁造の耐力壁の倍率は、そのボード類の材料
  及び釘の種類・間隔によって決められている。
  昭和56年1100号別表第1・第2〔告示(建築基準法関係)〕

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
☆二級建築士WEB問題集 構造10木構造(耐力壁)
 http://www.kentikusi.com/cgi-bin/2kweb18/2web_kou10/tqindex.cgi

 木造建築物の耐力壁に関する問題が中心です。地震や風圧に対して必要な
 耐力壁の有効長さ、筋かい、軸組の倍率などについて、建築基準法施行令
 3章3節木造を参照しながら、法規の学習と平行し効率よく覚えてください。
 また、釘接合、ボルト接合、接合金物など木造軸組みの接合部、接合金物
 の名称や使用箇所、釘接合やボルト接合の留意点を学んでください。

★上記ページのGoogleカスタム検索で”耐力壁”を検索してみましょう。

■□■ 三角定規 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

 設計製図試験で用いる三角定規は、あまり大きなものではなく
 20〜30cmの物を揃えるのが良いと思います。

 STAEDTLER マルス 964 30 三角定規30CM
 http://amzn.to/2gvyoQP

■□■ 建築遺産ギャラリー ━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

☆日本建築史
 安土城で培われた築城技術が、日本国中に築城された近世城郭の範となりま
 した。 http://www.kenchiku-gallery.com/nihon/n024.htm

「建築遺産ギャラリー」は建築史の学習に最適です。

■□■ 購読中止について ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

◇『まぐまぐ』アドレスを記入し解除ボタンをクリックすると解除されます。
  http://www.kentikusi.com/2k/2malmaga.htm 

■□■ 配信     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

◇メールマガジン『必勝合格2級建築士』 since 1.10.1999 
◇発行:建築士.com  HP-URL: http://www.kentikusi.com/ 
◇Copyright(C)1999-2018 建築士.com All rights reserved.

■□■ 次回配信は3/23 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■







Copyright(c) kentikusi.com All rights reserved.


sub contents