一級建築士試験必勝合格1級建築士
一級建築士試験
試験スケジュール 一級受験資格 独学カリキュラム 参考書・問題集
一級WEB問題集 メルマガ登録 バックナンバー 1級製図対策室
必勝合格1級建築士2018バックナンバー




■□■ 必勝合格1級建築士 NO.18-079 ━━━━ 発行:6960部 ■□■

◇必勝合格1級建築士 No.18-079  3月8日号をお届けいたします。
◇ご購読ありがとうございます。購読のお申し込みに従いまして貴方のメール
 ボックスにお届け致します。購読は無料です。
◇このメールマガジンを転載して公開することは禁じます。
◇発行:建築士.com  http://www.kentikusi.com/

■□■ 目次     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

1.構造の攻略
2.建築士ブックス
3.一級建築士学科例題 構造16 木構造
4.製図用テンプレート
5.建築遺産ギャラリー
6.購読中止について

■□■ 構造の攻略 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

☆一級学科4「構造」の出題は30問です。
 http://www.kentikusi.com/1k/1dokugaku.htm

 構造力学の計算問題は、毎年、6・7問と予測しています。計算問題が不得意
 な受験者も多いと思いますが、決してあきらめないで下さい。基本的な公式
 や考え方などを覚えておけば解けます。

 電卓を持込めないことからも、煩雑な計算はないと予想できます。学習する
 ときには頭の中だけではなく、ノートにきちんと計算式を書くことが覚える
 コツです。

■□■ 建築士ブックス ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

○一級建築士受験講座 学科IV(構造) 平成30年版
 著者:全日本建築士会 出版社:地人書館 http://amzn.to/2Erul35

 独学でもみるみる力がつく、「1級」受験テキストの新定番!試験の頻出
 ポイントを完全網羅。豊富な図表とていねいな解説で、基礎からわかる!

■□■ 今日の例題「構造」木構造 ━━━━━━━━━━━━━━━■□■

▽構造16例題▽

木質構造に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.高さ15mの大断面木造建築物において、火災時の安全を確保するため、
  柱・はりの断面寸法については、表面から内側に2.5cmの部分を差し
  引いて、長期応力に対する安全性を確かめた。

2.在来軸組工法の木造建築物の風圧力に対する設計において、1階の必要
  壁量を計算するための見付面積として、2階の床面から上部の見付面積
  を用いた。

3.圧縮力と引張力の両方を負担する筋かいとして、厚さ3cm、幅9cm
  の木材を用いた。

4.枠組み壁工法の木造建築物において、向かい合う耐力壁が一体として働
  くように、耐力壁線相互の距離は12m以下とし、かつ、耐力壁線で囲
  まれた部分の水平投影面積を40m2以下とした。

-----------------------------------
                             ■回答は?■
-----------------------------------
                 ↓
                 ↓
                 ↓
                 ↓
                 ↓
                 ↓
                 ↓
                 ↓
-----------------------------------
              ■回答 2 です■
-----------------------------------

△構造16解説△

在来軸組工法の木造建築物の風圧力に対する設計において、1階の必要壁量を
計算するための見付面積は、上階を含む見付面積から1階の床面から高さ1.35
m以下の部分の見付面積を減じたもの用います。令第46条第4項

1.高さ15mの大断面木造建築物において、火災時の安全を確保するため、
  柱・はりの断面寸法については、表面から内側に2.5cmの部分を差し
  引いて、長期応力に対する安全性を確かめる。

3.圧縮力と引張力の両方を負担する筋かいとして、厚さ3cm、幅9cm
  の木材を用いる。

4.枠組み壁工法の木造建築物において、向かい合う耐力壁が一体として働
  くように、耐力壁線相互の距離は12m以下とし、かつ、耐力壁線で囲
  まれた部分の水平投影面積を40m2以下とする。

-----------------------------------
◎一級建築士WEB問題集 構造09木構造
 http://www.kentikusi.com/cgi-bin/1kweb18/1web_kou09/tqindex.cgi

 木造建築物における部位・部材などの名称や構造設計に関する問題が中心
 です。木造の部位・部材には、在来工法独特の名称が用いられています。
 木造を学ぶ上で、これらの名称を覚えることは避けて通れません。お手持
 ちの参考書の図や現場でしっかり確認してください。また、地震や風圧に
 対して必要な耐力壁の有効長さ、筋かい、軸組の倍率などについて、建築
 基準法施行令3章3節木造 を参照しながら、法規の学習と平行し効率よく
 覚えてください。

★上記ページのGoogleカスタム検索で”在来軸組工法”を検索しよう。

■□■ 製図用テンプレート ━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

★建築士.comオリジナル製図用テンプレート
 http://amzn.to/2gnqiMS

 一級・二級建築士設計製図の試験は、円、だ円、正三角形、正方形及び
 文字を描くためのテンプレート(型板)の使用が認められています。
 試験では制限時間内に製図を完成させなければなりませんが、テンプレート
 の活用しだいで作図時間を大きく短縮することができます。

■□■ 建築遺産ギャラリー ━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

☆日本建築史
 慈照寺銀閣の開基(創立者)は、室町幕府8代将軍の足利義政、開山は
 夢窓疎石とされています。
 http://www.kenchiku-gallery.com/nihon/n022.htm

「建築遺産ギャラリー」は建築史の学習に最適です。

■□■ 購読中止について ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

◇『まぐまぐ』アドレスを記入し解除ボタンをクリックすると解除されます。
  http://www.kentikusi.com/1k/1malmaga.htm

■□■ 配信     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

◇メールマガジン『必勝合格1級建築士』 since 24.04.2000 
◇発行:建築士.com   HP-URL: http://www.kentikusi.com/ 
◇Copyright(C)2000-2018  建築士.com All rights reserved. 

■□■ 次回配信は3/9 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■




Copyright(c) kentikusi.com All rights reserved.


sub contents