一級建築士試験必勝合格1級建築士
一級建築士試験
試験スケジュール 一級受験資格 独学カリキュラム 参考書・問題集
一級WEB問題集 メルマガ登録 バックナンバー 1級製図対策室
必勝合格1級建築士2018バックナンバー




■□■ 必勝合格1級建築士 NO.18-063 ━━━━ 発行:6975部 ■□■

◇必勝合格1級建築士 No.18-063  2月14日号をお届けいたします。
◇ご購読ありがとうございます。購読のお申し込みに従いまして貴方のメール
 ボックスにお届け致します。購読は無料です。
◇このメールマガジンを転載して公開することは禁じます。
◇発行:建築士.com  http://www.kentikusi.com/

■□■ 目次     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

1.TOP PAGE ○×問題
2.建築士ブックス
3.一級建築士学科例題 法規13 構造計算
4.製図用テンプレート
5.建築遺産ギャラリー
6.購読中止について

■□■ TOP PAGE ○×問題 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

☆トップページに学科試験の基本的な○×問題を掲載しています。○×のどち
 らかをクリックすると、答えと解説が表示されます。正答率も同時に表示さ
 れますので難易度の目安にしてください。
 建築士.com TOP PAGE ⇒ http://www.kentikusi.com/

■□■ 建築士ブックス ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

○基本建築基準法関係法令集 2018年版 出版社:建築資料研究社
 http://www.kenchiku-web.net/book/index.html#nikken

 建築士試験受験者・建築実務者向けに編纂された「オレンジ本(縦書き)」
 の最新版です。

■□■ 今日の例題「法規」構造計算 ━━━━━━━━━━━━━━■□■

▽法規13例題▽

構造計算に関する次の記述のうち、建築基準法上、誤っているものはどれか。

1.許容応力度等計算において、屋根の積雪荷重は、屋根に雪止めがある場合
  を除き、その勾配が60度を超える場合においては、0とすることができる。

2.許容応力度等計算において、木材の繊維方向の許容応力度は、積雪時の構
  造計算をするに当たっては、積雪時以外の数値に対して、長期に生ずる力
  に対する許容応力度については1.3を、短期に生ずる力に対する許容応力度
  については0.8をそれぞれ乗じて得た数値としなければならない。

3.許容応力度等計算において、地震力を計算する場合、事務室の床の積載荷
  重については、800N/m2に床面積を乗じて計算することができる。

4.限界耐力計算において、暴風時に、建築物の構造耐力上主要な部分に生ず
  る力が、当該構造耐力上主要な部分の耐力を超えないことを確かめる場合、
  許容応力度等計算における風圧力によって生ずる力に1.4を乗じて計算しな
  ければならない。

-----------------------------------
                             ■回答は?■
-----------------------------------
                 ↓
                 ↓
                 ↓
                 ↓
                 ↓
                 ↓
                 ↓
                 ↓
-----------------------------------
              ■回答 4 です■
-----------------------------------

△法規13解説△

令第82条の5第1項第一号・二号により、暴風時に、建築物の構造耐力上主要な
部分に生ずる力が、当該構造耐力上主要な部分の耐力を超えないことを確かめ
る場合、許容応力度等計算における風圧力によって生ずる力に1.6を乗じて計算
しなければならない。

1.令第86条第4項により、許容応力度等計算において、屋根の積雪荷重は、
  屋根に雪止めがある場合を除き、その勾配が60度を超える場合においては、
  0とすることができる。

2.令第89条第1項により、許容応力度等計算において、木材の繊維方向の許容
  応力度は、積雪時の構造計算をするに当たっては、積雪時以外の数値に対し
  て、長期に生ずる力に対する許容応力度については1.3を、短期に生ずる力
  に対する許容応力度については0.8をそれぞれ乗じて得た数値としなければ
  ならない。

3.令第85条第1項の表により、地震力を計算する場合、事務室の床の積載荷重
  については、800N/m2に床面積を乗じて計算することができる。

-----------------------------------
◎一級建築士WEB問題集 法規06構造計算
 http://www.kentikusi.com/cgi-bin/1kweb18/1web_hou06/tqindex.cgi

 施行令三章8節(構造計算)に関する問題が中心です。許容応力度計算、
 限界耐力計算、荷重及び外力、許容応力度、材料強度についてチェックして
 ください。また、特記がない場合は、許容応力度計算によって安全性を確か
 める建築物として解答してください。

★上記ページのGoogleカスタム検索で”積雪荷重”を検索しよう。

■□■ 製図用テンプレート ━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

★建築士.comオリジナル製図用テンプレート
 http://www.kenchiku-web.net/shop/template.html

 一級・二級建築士設計製図の試験は、円、だ円、正三角形、正方形及び
 文字を描くためのテンプレート(型板)の使用が認められています。
 試験では制限時間内に製図を完成させなければなりませんが、テンプレート
 の活用しだいで作図時間を大きく短縮することができます。

■□■ 建築遺産ギャラリー ━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

☆近代建築史
 ジョサイア・コンドルは、ロンドン出身の建築家で、辰野金吾ら創生期の
 日本人建築家を育成しています。
 http://www.kenchiku-gallery.com/kindai/023.htm

「建築遺産ギャラリー」は建築史の学習に最適です。

■□■ 購読中止について ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

◇『まぐまぐ』アドレスを記入し解除ボタンをクリックすると解除されます。
  http://www.kentikusi.com/1k/1malmaga.htm

■□■ 配信     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

◇メールマガジン『必勝合格1級建築士』 since 24.04.2000 
◇発行:建築士.com   HP-URL: http://www.kentikusi.com/ 
◇Copyright(C)2000-2018  建築士.com All rights reserved. 

■□■ 次回配信は2/15 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■




Copyright(c) kentikusi.com All rights reserved.


sub contents